大型特殊免許の利用

大型特殊免許は専門分野での仕事に利用できます。主に建設、造船、農業等ですが、大型特殊免許の他に取り扱う車両に応じた資格が作業現場で必要になることもありますので、具体的な資格を挙げてみます。フォークリフト運転技能講習、移動式クレーン運転士免許実技教習、移動式クレーンに伴う玉掛け技能講習、高所作業者技能講習(作業床が地上10メートル以上)が主なものですが、他にも多数あります。

このような大型特殊免許が取得できる条件ですが、年齢満18歳以上、視力両眼0.7以上、片眼0.3以上(メガネ、コンタクト使用可)、視野が150度あること、色彩識別ができること、聴力として10メートルの距離において90db警音器の音声が聞こえること(補聴器使用可))、自動車運転に障害を来すような身体障害がないこと(補助具ありで運転に支障がないと認められた場合は免許の取得可能)とされています。また、免許取得のためには教習を受ける必要があり、有効期間は教習初日から3ヶ月以内です。

通いでも取得できますが、より短期で集中して免許取得のための講習を受けられる合宿免許はおすすめです。合宿免許は地方の自動車学校が多く実施していますので、旅行気分で行かれるのもうれしいところですが、格安プランも多く、最短7日を掲げるところもありますので、効率よく取得可能といえるでしょう。このような特典を利用して、大型特殊免許を取得し、仕事に役立てましょう。

大型特殊免許とは

大型特殊自動車免許についてご説明いたしましょう。この免許は普段の生活では必要のない専門的なもので、特殊な車の運転に必要な免許のことです。これらの車を公道で運転する際にはこの免許が必要になりますので、主に専門分野(建設、造船、農業等)の仕事で使うものです。

では、この免許を取得すると、どんな車を運転できるのでしょうか。少し詳しく、触れてみましょう。ショベルローダー(車両前方にパワーショベルがあり、土砂の積み込み作業等に使う車)、ロードローラー(車輪部分が鉄の円筒式のローラーになっている路面を固める時に使う車両です。)その他に除雪車、フォークリフト(油圧によって上下傾斜ができる荷受用フォークがある車両)、農耕トラクター、田植え機等、様々な専門分野で使う車が挙げられます。そして、その区分は全長120メートル以下、全幅25メートル以下、全高38メートル以下とされ、最高速度制限なしですが、時速49キロ以下の自主規制があり、総排気制限はありません。車両の大きさはこの範囲を超えても構わないとされていますが、地方運輸局長の認定、あるいは道路管理者の許可は必要とされています。このように大型特殊免許は専門分野の職業に就く人にとっては必要な免許なのです。

合宿免許で取得する免許

合宿免許ではどのような免許を取得できるのでしょうか。わかりやすくご説明いたしますので、ご参考になさって下さい。ある合宿免許予約センターの情報を参考にご説明いたします。

こちらでは、普通車のAT車、MT車、中型車、大型車、大型特殊、けん引、普通二種、中型二種、大型二種と幅広く取得できます。このようにどの免許を取得できるかはその自動車学校にもよりますので、ネット検索の際、よくご覧になって見て下さい。センターに直接、電話を掛けられても良いでしょう。ご自身がどの免許を取りたいかをはっきりお話して、相談することもできます。

関連リンク【大型特殊免許の取得ができる自動車学校を紹介している 合宿免許ハンター

特に大型特殊免許というものはかなり特殊なもので、取得したいと言う人自体が少ない傾向にありますので、どこの自動車学校でもよいというわけにもいきませんので、慎重になさることをお勧め致します。取得する人が少ない分、重宝がられる可能性が高い免許ですので、ここで頑張って取得してしまえば、就職等に結びつく可能性も非常に高いと言えます。時間のある時に合宿免許で大型特殊免許を取りましょう。そして、取得できる学校は限られていますから、お早目のお申込みをお勧め致します。皆様のご成功を当サイトは応援しております。大型特殊免許の取得に動き出しましょう。